中国支部メールマガジン会員募集中
HOME >  「体感して応答していますか?」グループアプローチ(シニア講座報告)

「体感して応答していますか?」グループアプローチ(シニア講座報告)

2013.12.08

image

11月30日 10:00~17:00(協会広島研修室)

日野 暎子 (協会スーパーバイザー)講師による

シニア講座「グループアプローチ」が開催されました。

 

「知識でわかる、ということはあまり意味がありません。

カウンセリングは、感じて理解して対応できないと、いけません。

クラインとは一瞬で、カウンセラーがどう感じているのかを判断します。」(日野講師)

 

との言葉どおり、きょうは、体感するためのワーク・ワーク・ワーク・・・。

 

「流れ星ワーク」

「三角形ワーク」

「バスは待ってくれない」

 

3ワークを通し

イメージ力、情緒性や国語力、問題解決能力などなど

カウンセリングの現場で求められるものばかりです。

image

(できあがりの課題をグループで見比べています(*^_^*))

 

グループワークの意義、効用、プロセス、ねらい等も同時に理解していき、

グループメンバーのよりよい自己成長につながるものになることがわかりました。

特に、

ファシリテーターの役目を再認識し、収穫の多い講座でした。

                                         (会員研修部員 渡辺ひとみ)

 
Copyright(c)(一社)日本産業カウンセラー協会 中国支部 All rights reserved.